CROSS exchange

CROSS exchangeの安全性

今回はCROSS exchangeの安全性について解説します。

新しい取引所で暗号資産の取引を始める際に最初に気になる点は「安心して使えるかどうか」ということでしょう。2018年にはコインチェックとZaifでNEMが流出する等ハッキングによる事件が起きていますので,取引所のセキュリティがしっかりしているかどうかを見極めることは特に重要となります。

登録方法の解説はこちら→CROSS exchangeの登録方法

ログインID,パスワード登録時の注意点→CROSS exchangeユーザーのセキュリティ設定

まずCROSS exchangeは,安全性について次のように宣言しています。

ユーザーのデジタル資産のセキュリティを保証することが、CROSS exchangeの第一の課題です。

CROSS exchange ご利用にあたって「CROSS exchangeについて」より引用

どのような方法でセキュリティを保証しているのか,次の3点について順番に見ていきましょう。

  • 多層ファイアウォール
  • マルチシグネチャ
  • ホット/コールドウォレットの分離ソリューション

1【多層ファイアウォール】

現在も多くの資産が集まる暗号資産取引所は,常にハッキングの標的となっています。どの取引所もファイアウォールを構築してサイバー攻撃に備えています。

「CROSS exchangeのセキュリティの優位性」はファイアウォール(防御壁)を多層に設ける事でサイバー攻撃が重要な情報に到達する事を防いでいる点です。

多層防御の有効性については,マカフィー公式ブログの記事「なぜ多層防御なのか?リスクを最小限にする最強のセキュリティ対策」が参考になります。

2【マルチシグネチャ】

暗号資産を送受信する際の方式にはシングルシグネチャ(singlesignature)とマルチシグネチャ(multisignature)があります。省略してシングルシグ,マルチシグと呼ばれることが多いです。

それぞれの方式について誤解を恐れずものすごく簡単に説明します。(技術的な説明は今回は割愛します。)

シングルシグとは,金庫をひとつの鍵で開けることができる仕組みです。管理はしやすくなりますが,ハッキング等でひとつの鍵を奪われると金庫が開けられてしまいます。これはセキュリティに不安が残りますね。

マルチシグとは,金庫を開けるための鍵が複数あり,必要な何本かの鍵または全部を使わないと金庫が開かない仕組みです。複数の鍵を分散して管理するためコストがかかりますが,ハッキング等で複数の鍵を奪われなければ,金庫を開けられる事はありません。シングルシグと比べてセキュリティが高いと考えられます。

CROSS exchange では「マルチシグ」を採用しています。取引所としてはコストがかかりますが顧客の資産を守る為にこの方式が導入されています。

3【ホットウォレット・コールドウォレットの分離ソリューション】

ホットストレージ,コールドストレージとも呼ばれる暗号資産を保管する財布の役割をするものです。

ホットウォレットとは,インターネットに接続している状態のストレージ(ウォレット)をいいます。インターネットに接続されているのでハッキングの標的になりますが,取引所での取引又は暗号資産の送受信をリアルタイムに行う場合は、利便性からホットウォレットが利用されています。

コールドウォレットとは,インターネットから完全に切断されたストレージ(ウォレット)をいいます。ハードウェアウォレット(USBのようにPCと接続して暗号資産を送信して保管するもの)が一般的ですが,中には紙に暗号資産のアドレスと秘密鍵を印刷して保管するペーパーウォレットを利用している方もいるようです。コールドウォレットはインターネットから完全に切り離されているため、利便性はよくありませんが、ハッキングの脅威からは解放されます。

ハードウェアウォレットは→LedgerNanoSが有名ですね。

CROSS exchangeでは「ホット/コールドウォレットの分離ソリューションを採用している」ということですので、私の推測ですが外部送金に必要な分を見積もりその量のみをホットウォレットで管理してその他の資産はコールドウォレットで管理しているのでしょう。この点についてはもう少し詳しい仕組みを確認したいと思います。

ここまで順番に見てきましたが,CROSS exchangeは大手取引所と比べても遜色のない世界基準のセキュリティを導入しているということが分かりました。「安心して使える取引所」ということができそうですね。

登録はこちらから↓

※暗号資産(暗号通貨・仮想通貨)の投資及び取引にはリスクがあります。当ブログの情報は,管理人個人の見解です。あくまで参考程度にとどめ,投資及び取引をする際には,必ず自己責任で余裕資金の範囲で行ってください。

bitbank

ピックアップ記事

  1. 皆さんこんにちは!
  2. CROSS exchangeの安全性
  3. CROSS exchangeユーザーのセキュリティ設定
  4. CROSS exchangeの運営会社は?
  5. CROSS exchangeの登録方法

関連記事

  1. CROSS exchange

    CROSS exchangeの運営会社は?

    今回は、CROSS exchange の運営会社「CBASE FIN…

  2. CROSS exchange

    CROSS exchangeユーザーのセキュリティ設定

    さて、取引所のセキュリティがしっかりしている事が分かりましたので、次…

  3. CROSS exchange

    CROSS exchangeの登録方法

    こんにちは、ベルトラです。本日は2018年11月にオ…

  4. FCoinJP

    FCoinJPへの手紙

    ※今回は,暗号資産取引所「FCoinJP」への提案を手紙形式で掲載し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

bitbank(ビットバンク)なら仮想通貨を貸して増やせる!1年間最大年率5%!
  1. CROSS exchange

    CROSS exchangeの登録方法
  2. CROSS exchange

    CROSS exchangeユーザーのセキュリティ設定
  3. FCoinJP

    FCoinJPへの手紙
  4. 考え方

    皆さんこんにちは!
  5. CROSS exchange

    CROSS exchangeの運営会社は?
PAGE TOP